ロールキャベツ、ポテトサラダ、人参ごま和えのお弁当おかずレシピ

スポンサーリンク
中学生女子のお弁当おかず 豚肉のおかず

少し前にお弁当に詰めたロールキャベツが大好評だったので、まだ一週間ほどしか経っていませんが、調子に乗って再度作ってしまいました。少し切り方を変えたりしたので新鮮な部分もあるかなと思いますが。

ロールキャベツ弁当と野菜のおかず

*ロールキャベツ
*卵焼き
*焼き鮭
*ポテトサラダ
*人参の胡麻和え
*柿

お弁当全体の作る順序・レシピ

今日のお弁当全体を作る工程は10工程でした。茹でる焼く切るの順番で作り始めることが多いです。(下記のロールキャベツの作り方参照)

⒈お湯を沸かす
⒉キャベツの葉を丁寧にはずし、洗う
⒊キャベツを茹でる
⒋ロールキャベツのあんを作る
⒌ロールキャベツのあんを茹でたキャベツで包む
⒍爪楊枝で刺す
⒎6にコンソメをいれて煮込む
⒏卵焼きを作る
⒐鮭を焼く
⒑りんごを剥く

ロールキャベツの作り方
1.キャベツを茹でる
2.玉ねぎ、しょうがをみじん切りにする
3.牛豚挽き肉と2と塩、胡椒で混ぜ合わせる
4.茹でたキャベツで3のあんを包む
5.爪楊枝できっちりとめる
6.コンソメと一緒に煮込む

作り置き・前日の準備

前日の準備は晩御飯時にポテトサラダを作り、人参のごま和えは週初めのお弁当を作るときに作りました。

ヘルシー弁当のための情報いろいろ

最近はキャベツが安いのでまるごと購入することもあります。普段は半分のものを購入しています。キャベツはサラダはもちろん、炒め物やお味噌汁などにもよく使っています。以前はロールキャベツのような料理は好きではなかった娘ですが、だんだん味の好みは変わってくるものですね。レパートリーが増えて嬉しいです。

ちょっと手の込んだおかずをお弁当に詰める時は、前の日の夜に副菜は作ることが多いです。この日もロールキャベツ以外はほとんど前日に作りました。

なんといってもこの時期甘くて美味しいキャベツがポイントです。ロールキャベツってものすごく煮込まないといけないイメージでしたが、そこそこでも味はつきました。私はお弁当全体を作る時間はだいだい1時間くらいですが、一番最初にロールキャベツの料理にとりかかるので、30分も煮込んでいないと思います。キャベツにはビタミンCが豊富に含まれていますが熱に弱いので、ビタミンCをとりたい場合は生で食べた方がよいですね。その他の栄養素もたくさん含まれていて、胃腸に効果のあるビタミンUも含まれます。

気が向いたときに作り置きしておくのが玉ねぎの酢漬けです。玉ねぎをかなり薄く切り市販のポン酢につけるだけですが。我が家では大好評で作り置きといってもだいたいその日に食べきってしまいます。ただ匂いが気になるらしく、娘は休みの日の前日に食べています。玉ねぎといえば血液サラサラ。硫化プロピル、硫化アリルといった栄養成分が血流改善してくれるようです。

娘はお肉の中でも豚肉の薄切りが特に苦手です。なので、豚肉は極力ひき肉でお料理しています。ひき肉を食べてくれるのでまだ助かりますが。最近はらでぃっしゅぼーやでもひき肉を買っています。らでぃっしゅぼーやのひき肉はバラ凍結なので、パラパラとした感じで冷凍されています。なので、使いたい分量が簡単に取り出せます。ハンバーグなどがっつりひき肉を使う場合はお店に買いに行きますが、ちょこっと使いたいときには本当に便利です。お弁当のチャーハンなどにもよく使います。鉄分やビタミンBが多く含まれるので、いそがしい女子中高生にとっても手っ取り早いエネルギーチャージになりそうです。

調味料についてですが、今回のメニューも量って作ったものはありません。市販の調味料に含まれている糖分以外は砂糖、酒、みりんは使用していません。

タイトルとURLをコピーしました