オクラで見えない野菜のおかず!お弁当の詰め方は成功?失敗?

スポンサーリンク
女子高生のお弁当ブログ わっぱのお弁当箱

野菜のおかずがほとんど写っていませんでした(泣)。オクラが。。このお弁当箱はおかずの上にご飯が乗っかる形の2段弁当箱なので、深めの作りになっています。(←お弁当箱のせいにしている)

野菜のおかずも切り方を変えただけで味まで変わるような気がします。オクラもそのひとつです。いつもは輪切りにすることが多かったのですが、縦に切ってみるとまた一味違ってきます。

今日はお弁当の詰め方について考えてみました。詰め方によっても味は変わってくるような気がします。

豚肉の紫蘇巻きフライ弁当のおかず

*豚肉の紫蘇巻きフライ
*卵焼き
*切り干し大根
*えのきのカレー風味
*小松菜のお浸し
*オクラ
*ご飯(5分付米)と梅干し
*梨&マスカット

私立女子高生のお弁当

こんなに近づいても見えない。。写真の説明すると、左の奥から右に、切り干し大根、えのきのカレー風味、小松菜のお浸しです。

お弁当作りの全体の順序・レシピ

⒈卵焼きを作る
⒉えのきを炒め、市販のカレー粉をまぶす
⒊紫蘇を豚肉で巻き、衣をつけて揚げる
⒋梨を切る

作り置き・前日の準備

*ご飯のタイマー予約
*切り干し大根煮
*小松菜の下茹で
*オクラの下茹で

小松菜のお浸しは醤油で味付けしているだけです。シンプルな味が好きな娘です。

豚肉はフライだけ食べる女子高生

このブログでも何度か書いていますが、娘はお肉があまり得意ではありません。特に豚肉と鶏肉。焼いたり、煮込んだりするものは特にダメみたいです。最近は魚焼きコンロで焼いた鶏胸肉は大丈夫になってきましたが。

以前、小田急百貨店で九州物産展の豚の角煮を食べた時も、一口食べてパパにあげていました。あんなに美味しいものが食べられないのは損な気もします。

ただ、豚肉も鶏肉も揚げたものは好きなので、豚肉はとんかつ風なもの、鶏肉は唐揚げなどにして食べさせています。牛肉も赤身が好きで、霜降りを出した日には、むむっ(?)という顔をします。脂な感じが苦手なのかなと推測します。

大人でそういう人に会ったことはありますが、子供ではほとんど聞かないなぁと思っていたのですが、いつもワンちゃんのお散歩で会うママのお子さんが全く同じでした。男の子ママですが、お弁当はお魚ばっかりと言っていました。お肉が苦手だとお弁当作りに苦労するんですよねー。

今日は衣を作る時に使う卵に塩を混ぜてみました。母が前にそう言っていたのを思い出して試してみました。お弁当は少し濃い目の味の方が美味しいと思うので、うまくいっているといいな。

豚肉の紫蘇巻きフライには、味付けとして卵の塩以外に、お肉に塩をまぶし、最後にお醤油を数的たらしています。

お弁当の詰め方を変えてみました

実は真ん丸のお弁当箱って詰めにくいのです。始まりがないから?かなと思います。どこかしらの部分を自分で始まりにしないといけません。私は左の奥から詰め始めることが多いです。今日の場合、切り干し大根の位置(見えないけど)。そこから右に壁を分厚くしていく感じです。後は開いたところの隙間を埋めていきます。今日は卵焼きを詰めた後、メインの豚肉の紫蘇巻きフライをぼんぼん詰めました。

普段はメインのおかずから詰め始めます。形がしっかりあるので詰めやすいし、最後に詰められなくなってもいけないので。

しかし、このまん丸のお弁当の場合は、詰める始まりを決めるのと同時にメインのおかずを手前に、最後に持ってくる方が見栄えが良くなります。なので、始まりがちょっと詰めにくいですが、このような順番で詰めてみました。

前はこんな感じの詰め方でした。奥がメインのハンバーグです。ハンバーグなのか何なのか(汗)。

簡単!早い!可愛いお弁当作り♪作り置きなしでも早く作れる方法!
どうしてもお弁当作りに時間をかけたくない日、かけられない日もありますよね。そんな日でもあまりに手抜き感のあるお弁当だと嫌だなと思ってしまう私です。どうにか見た目はギリギリ可愛く、美味しそうにみせたい!そんなときはどうしたらいいでしょう?ズ...

そして最大の問題が一つあります。娘が食べる時にちゃんとどちらが前で奥かを意識してセッティングして食べてくれるかどうか、です(汗)。

お弁当の時間、お友達にお弁当美味しそう!とよく言ってもらえるそうです。嬉しいのですが、そんなに特別なおかずが入っているわけではないので、みんなと違う?と聞いてみると、そんなに違わないという返事でした。

じゃぁ、どうして美味しそうって言ってくれるんだろうね?と聞くと、「配置がいい!」とよく言われるそうです(汗)。何にしても褒められて嬉しいですけれど(笑)。

もしかして、お弁当箱の向きをお友達の方を前にセッティングしていたりして。。

水曜日のお弁当はもっと簡単なおかずに

だいたい週の初めにお弁当の1週間の献立を立てていますが、今月は夏休み明けということもあり、1ヶ月分のお弁当の献立を作りました。

↓こちらがその記事です。今は9月の1週目のところ。

女子高校生のお弁当1ヶ月の献立を作りました♪同じお弁当にしませんか?
明日のお弁当何にしよう?と悩むのが嫌いです(笑)。ずっとお弁当の献立については一週間の献立を作っていましたが、それを毎週するのも嫌になって(←どんだけ?)一ヵ月分の献立を作ってしまいました。新学期が始まると同時に、あの大変な(汗)お弁当作...

ただ、その週の中での順番はその都度入れ替えありで考えています。食材の賞味期限とか、自分のやる気とか。

今週は豚肉の賞味期限から水曜日までにこの豚肉の紫蘇巻きフライを作りたかったのですが、気分的に水曜日の今日になってしまいました。

週の真ん中水曜日、なんとなく疲れも溜まってきて、しかもまだ週の後半ではないということから、お弁当作りの作業がもたつきがちでした。今日は本当にギリギリお弁当を詰め終わりました。

娘もいつも通り(汗)ギリギリの時間に出かけていくのでお弁当が間に合いましたが、もう1本早い電車で行くとなったら間に合わなかったなぁ。お弁当だけ学校に届けるママを見かけたことがありますが、うちはそうなったらカフェテリアで食べてもらうかなー。せっかく作ったのにもったいないけれど。

野菜のおかずはほとんど作り置きにしているので、作る工程数は少ないのですが、やはりフライとなると一手間かかります。水曜日はできるだけ簡単なものを作ろうと思った今日のお弁当作りでした。

タイトルとURLをコピーしました