お弁当おかずピーマンの肉詰めを輪切りにしてみました!味付けにはカボス♪

スポンサーリンク
お弁当おかずピーマンの肉詰め輪切り わっぱのお弁当箱

今日はピーマンの肉詰めを輪切りにして作りました。

今まではピーマンを縦半分に切ってひき肉を詰めて作っていましたが、どうもお弁当には詰めにくいなとずっと感じていました。

そこで輪切りにしたピーマンにひき肉を詰めたら、お肉がピーマンから外れることはないし、なんと言ってもお弁当箱に詰めやすい形になりました。味付けは塩胡椒とカボスです。

ピーマンの肉詰めの注意点などを書いています。またお弁当の隙間埋めおかずとしても便利なお弁当用ハムエッグの作り方も紹介しています。

ピーマンの肉詰め弁当のおかず

*ピーマンの肉詰め
*パプリカの肉詰め
*ハムエッグ
*野菜の素揚げ(なす、ズッキーニ)
*オクラ
*マスカット

お弁当おかずピーマンの肉詰め輪切り

お弁当全体を作る順序・レシピ

⒈ピーマン、パプリカ、カボス、なす、ズッキーニを輪切りにする
⒉ひき肉に塩を混ぜ、ピーマンとパプリカに詰める
⒊ハムエッグを作る
⒋3のフライパンの後、2の肉詰めを焼く
⒌なすとズッキーニを素揚げする
⒍オクラを切る

野菜の作り置き・前日の準備

*ご飯のタイマー予約
*オクラの下茹で

ピーマンの肉詰め輪切りの作り方 メリットと注意点

私が普段作っていた縦半分にピーマンを切ってひき肉を詰めるという方法だと、焼いている途中にピーマンからお肉がポロッと落ちてしまうことがあります。

つなぎとして小麦粉をまぶすのがいいのでしょうが、私は面倒なのでその作業をいつも省いていました。

しかし、今日作った輪切りのピーマンだと全くそのポロっとがなくて済んだので、うまく出来上がりました。

味付けはひき肉に塩を混ぜて、最後に胡椒とカボスを少しかけました。

輪切りにするときの注意点としては、少し厚めの輪切りにすること(私は大きめのピーマンを3等分しました。そのうち中2つを使用)と、中の種は後から取り出すことです。

それはピーマンが切れてしまうことを防ぐためです。せっかくお弁当に詰めやすい形にしているので、切れてしまったら台無しです。

もう一つ、私は最後にフライパンに水を加えて蓋をして、中まで火を通しますが、この時間が長すぎるとお肉が硬くなってしまいます。本当に少しの時間で大丈夫です。

今日はカボスをいただいていたので最後にかけましたが、塩胡椒だけだとお弁当のおかずとしては少し物足りない味かもしれません。醤油をたらすかケチャップをかけるかするとさらに美味しくなりますね♪

お弁当おかずピーマンの肉詰め輪切り

1個飛び出しそうですね(笑)。よくできたものをお弁当に詰めました。本当はピーマンの肉詰めを2つ入れていたのですが、ちょっと色合いが寂しかったので、パプリカの肉詰めの方に変更しました。

残った分は今日の夕飯のカレーに使うつもりです。

お弁当用ハムエッグの作り方

フライパンにオリーブオイルを敷き、ロースハムを2枚並べる

お弁当用ハムエッグ

ボウルなどに割っておいた卵を入れる。その際黄身の部分がハムの真ん中になるようにしばらく菜箸で抑える。←固まるまでちょっと時間がかかります

お弁当用ハムエッグ

白身ではみ出してしまった部分は写真のように中に折り込みます。あとはハムの両端を卵にかぶせて形になったら、水を加えて蓋をします。

ハムをかぶせる作業はフライ返しなどを使って、さらにフライパンの淵の方にハムエッグを移動しておこなうとうまくいきます。

お弁当用ハムエッグ

出来上がりは、このように黄身が真ん中よりずれてしまっていても大丈夫!黄身の真ん中の部分に縦に包丁を入れて切れば、断面はきれいになっているので、お弁当に詰めると問題なしです(笑)。右の余った部分はカットしてしまってもいいですね。

お弁当用ハムエッグ

卵料理はお弁当のおかずとして欠かせないものですが、いつもの卵料理もひと工夫すると隙間おかずというより立派なおかずになります♪

まとめ

今日は実はお弁当はいらない日だったようです。学校は午前中で終わりだったのですが、中間テスト前で質問のある人だけ残っていいということだったので、一応作りました。

ピーマンの肉詰めを輪切りにすることで、お弁当には詰めやすい形になりました。娘も食べやすかったようで喜んでいました。最後にカボスを絞ってかけたのがポイント高かったかな。

野菜の肉詰めはハンバーグのように玉ねぎを加えたり、形をきれいに整えたりする必要はないので、いそがしい朝のお弁当作りには向いていると思います。

ピーマンだけではなく、パプリカを使うと彩りも良くなり見た目はきれいですが、ピーマンより少し肉厚な分お肉と離れやすいです(汗)。他には特にこの時期椎茸の肉詰めなども美味しいですよねー。

また、ハムエッグはお弁当にもう一品!と言う時に使えるおかずです。だいたい冷蔵庫に入っているもので作れますし。卵焼きより少し手間がかかりますが、隙間を大きく埋められるのでよしとします(笑)。

ハムがない時は普通の目玉焼きにして、黄身のところで半分に切れば、見た目は今日のハムエッグとほとんど変わらないものが出来上がりますね(汗)。目玉焼きも何度かお弁当に詰めたことがあります。

余ったピーマンの肉詰めや野菜の素揚げは、夕飯のカレーに使います。最近ハマっている野菜の素揚げカレー。CoCo壱のカレーのようにルーと具は別にして作って、盛り付けも別にします。お弁当の残り物や一週間の作り置きの残ったものもたくさん使えるので、週末はこのカレーにすることが多いです。

タイトルとURLをコピーしました